バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2019年03月19日配信

第563号 年のせい?『シミ、しわ、たるみ』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2019/03/19━☆
    健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

           「秘密の皮膚科学」

    第563号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。


 「牛田さん、最近たるんできたような
  気がして......エイジングケアに
  興味があるんですが」


 おや、白木さんもだったのですね。
 読者の方からもご質問が届いていますよ。

 エイジングケアについて
 悩んでいる方は多いようです。

☆-------------------------------------------------------☆

         年のせい?

      『シミ、しわ、たるみ』の秘密

☆-------------------------------------------------------☆


 ▼年とともに肌が劣化?


 「非接触でエイジングケアできますか」(50代女性)
 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

 いつも楽しくメールを拝読しています。

 非接触生活を始めてから沢山の人から肌が
 とてもキレイですねと褒められているのですが......

 やっぱり年齢のせいか最近急に肌の劣化が
 進んでしまってちょっとショックです。

 非接触生活や活性化ビタミンCは
 エイジングケアの効果は特にないのですよね。

 何か良い方法はないでしょうか。
 せっかく色白の美肌になれたのに
 何だかなあという感じです。

 髪も艶々で体型も維持しているのに
 何だかなあと...... どうぞ御指導下さい。
 よろしくお願いします。

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 年齢とともにシミができる、乾燥感が気になる、
 くすみが気になるなど、さまざまな声を聞きます。

 「年齢肌用化粧品」というものもあり、
 思わず使ってみたい!と思う方も
 いらっしゃるかもしれません。

 しかし、ここには「ある勘違い」が
 潜んでいるんですよ。






 ▼皮膚の機能は低下する?


 一般的には「年齢とともに肌が衰える」と
 いうのは常識になっていますが......

 じつはそれは、化粧品を買ってもらうための
 「動機づけ」に過ぎません。

 これまでに何度もお話していますが、
 皮脂量、角質水分量は
 年齢に影響されません。

 肌の機能は一生変わることがないのです。


 「じゃあ広告に書かれた巧みなメッセージに
  煽られていたということですか?」


 そういうことになります。

 肌の役割は体内を守ること。

 その機能が低下して体内を
 守れなくなったら生命にかかわります。


 ☆おさらい:『年齢とのカンケイ』測定値の秘密!?
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2005/11/post_4.php

 しかし、肌の弾力値は加齢によって
 低下すると言われています。

 ただ、肌の測定をしていると、
 20代でも弾力値の低い方、
 70代でも弾力値が高い方が。

 個人差が大きい数値のようです。






 ▼秘訣はやはり肌を傷めないこと


 「なるほど......では、年齢が高い人ほど
  肌の機能が低い、というわけでは
  ないということですね」


 白木さん、その通りです。

 皮膚の役割は体内を守ることですので、
 いくら外側から年齢肌用化粧品をつけても、
 肌の状態をよくすることはできません。

 ここで、年齢のせいと言われる
 肌の症状の対策を考えてみましょう。



 ○シミ、くすみ

 シミは肌の傷んだ部分を守るために
 できているものです。

 シミ予防は肌を傷めないことです。


 くすみや色素沈着も、肌の炎症状態が
 続くことでメラニン値が上がるためです。

 くすみ、色素沈着予防は
 炎症状態を続けないことです。


 * ------------ * ------------ * ------------ * ------------ *

 ○しわ

 カサカサした状態のちりめんじわは
 肌の状態が整い、自然な潤いが
 保てるようになると改善します。

 非接触生活をしている方からは、
 「ハリが出てしわが目立たなくなった」という
 声も届いています。

 * ------------ * ------------ * ------------ * ------------ *


 ○たるみ

 弾力値は年齢の影響を受けると
 されていますが。

 肌を傷めるものとの接触が
 続いていると、肌の弾力値も
 下がっていってしまう方がいます。

 また、たるみ対策としては、
 全身を動かして汗をかくことが有効です。
 身体の新陳代謝を高めるようにしましょう。

 食事は野菜や魚だけでなく、ビタミンB群を
 多く含む、脂分の少ない赤味の肉なども
 取るようにするとよいでしょう。

 顔のたるみ対策として、
 よく顔だけマッサージをする方がいますが、
 マッサージも全身行なったほうが効果的です。






 ▼おわりに ~運動、栄養、休養+心の若さを~


 今回は多くの女性が気になるエイジングケアに
 ついて解説しました。
 白木さん、いかがでしたか?


 「何かをつけて手っ取り早く、は
  できないんですね......」


 そうですね。

 適度に身体を動かして代謝を良くし、
 バランスの良い食事をとり
 疲れたらしっかり休む。

 当たり前のことのようでなかなか難しいですね。

 そして、肌の印象は見た目よりも、
 その人の表情に大きく左右されています。

 「よく笑うので目尻の笑いじわが気になります」
 と、いう方もいますが。


 しわを気にして笑わないのはもったいないですね。
 多少しわがあっても表情が豊かな人は
 魅力的に見えます。

 肌だけのことでなく、身体と心の
 トータルな健康を意識してみてくださいね。






 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ https://jstcd.or.jp/contact/

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第564号 心にも影響?『切実な肌トラブル改善』の秘密

【前のエントリー】
 →第562号 使いたい?『化粧品との付き合い方』の秘密

このページのTOPへ