メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2017年01月10日配信

第540号 始めるとどうなる?『実践して変わったこと』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017/01/10━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

            「秘密の皮膚科学」

     第540号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 新しい年を迎え、
 "今年こそは肌をきれいにしよう"
 "非接触生活を徹底してみよう"
 と思っている方も多いかもしれませんね。

 2017年最初のメルマガは、
 8項目を実践しているラーナーの方々から
 いただいたメッセージをご紹介します。

☆------------------------------------------------------------☆

           ── 始めるとどうなる? ──

            『実践して変わったこと』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼ラーナーのメッセージ(1)


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  『8項目を実践するとアトピー症状が出ません』(30代・男性)
  ------------------------------------------------------------

  アトピーで、飲み薬やステロイド軟膏が必須でしたが、
  ラーナー講座の8項目をちゃんと実践できているときは
  症状がほぼ出ません。

  刺激性物質との接触をたつとこれほど違うとは......驚きです。
  しかし、気を抜くと、元がアトピー体質? アレルギー体質?
  のせいで、すぐに湿疹ができます。

  半年ぐらい開きっぱなしだった鼻の毛穴が、閉じました。
  これまでなら乾燥する場面でも、
  以前よりはカサカサ感がすくないです。

  ASVCをさぼってたせいか、シミの改善はみられません。
  枕に顔をつけて寝る癖が治れば
  改善されそうな気配はあるのですが......。

  いずれにせよ、トータルでいうと
  非接触生活を始めてからのほうが肌の調子が良いです。

  基礎化粧品て全く意味なかったなと苦笑しております。
  皮膚科も非接触のクオリティをあげていければ
  行かなくてよくなりそうです。

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 (牛田より)

 かつては"低年齢の皮膚疾患"といわれたアトピー性皮膚炎ですが、
 最近では、大人のアトピー性皮膚炎も増えてきています。

 昔より柔軟・抗菌などの加工がされたものが増えたこと、
 さまざまな化粧品や洗浄剤と常時接触するようになったことが
 その一因かもしれません。

 非接触生活を実践して
 アトピーの症状が改善した事例があります。

  ☆第227号 チャレンジ!『アトピーにも何もつけない』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2010/03/227.php


 アトピーにお悩みの方も、
 何もつけない生活にチャレンジしてくださいね。






 ▼ラーナーのメッセージ(2)


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  『洗顔時の手の感触が変わってきました』(30代・女性)
  ------------------------------------------------------------

  2年間で、3つのクリニックの治療を受けました。

  最初は脂漏性皮膚炎と言われ、
  治療が合わないのか酒さになったと言われました。

  クリニックでの治療は、
  どこもミノマイシンを中心とするものでした。

  飲んでいる間はいいのですが、飲むのをやめるとぶり返し、
  その度にひどくなってきました。

  どのクリニックでも、原因について尋ねると
  「ストレス」と「ホルモン」しか言われません。

  こちらから事情を話さない限り、何も聞かれず、
  ただ顔の症状を見て、薬を出されるだけでした。

  ぶつぶつが前よりも減ってきました。

  皮が剥け、赤みがあるため、
  周りからは変わらないと言われますが、顔を洗ったときの
  手の感触が明らかに違うので、それがうれしいです。

  細かいことを言えば、シャンプー・石けんを使っている家族と
  同じ浴室を使うため、完全にはできていないと思います。

  今まで、基礎化粧品にお金をつぎ込み、
  時間をかけて肌を痛めつけていたことに気づかされました。

  まだ、変化という変化は感じられていませんが、
  何もしていないのに変化がない、ということに
  なによりも驚いています。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 (牛田より)

 慢性的な皮膚トラブルに悩む方は、
 皮膚科を転々としても改善には至らずに
 希望を失ってしまうことがあります。

 たくさんの化粧品や薬を使ってきた方にとって、
 非接触生活の内容は信じがたいことかもしれませんが......

 炎症湿疹系の皮膚トラブルは、
 原因物質と接触しないことで改善します。

 ぜひ"つけないこと"に挑戦してくださいね。






 ▼ラーナーのメッセージ(3)


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  『おしゃれに気をつけるようになりました』(30代・女性)
  ------------------------------------------------------------

  たまに吹き出物ができていたのですが、
  非接触生活を始めてから、まったくできなくなりました。

  以前は、すぐに噴火することが多かったですが、
  今では、ぽちっと赤くなっても、すぐに消えるようになりました。

  いい意味で、たっぷり化粧水などをつけていたころと変わらない?
  というか、むしろよいです。

  あんなにたっぷり化粧水をつけて、肌をなんとか
  潤わせていた頃よりも肌がしっとりしているんですから、
  あの努力は何だったのか......と思います。

  8項目の実行は簡単だと思います。

  何が難しいかって間接接触です。
  これがもう大変です。

  ブログでフェローさんが言っていた
  「刺激物質が目に見えればいいのに......」
  に心の底から賛同します。

  色々と間接接触の疑いがあるところを探し、
  枕にウレタンフォームが使用されていることを発見しました。

  ウレタンフォームには防ダニ加工が施されている、
  とネットで読みました。
  調べれば調べる程、うーんと唸ることばかりです。

  また、顔や髪がいじれないので、
  コーディネートの本を買いまして、服装を工夫しました。

  肌についてはまだ何も言われませんが、
  服装を褒められることが増えました。

  これも、非接触生活のお陰だと思います。
  始めていなければ、服装を気にすることなんてなかったですし。

  私は服も何もかも地味で良かったんですが、この歳になり、
  もっとおしゃれに気をつけようと思えるようになりました。

  美しくなることを諦めてはいけないんだ、
  と思えるようになったのも、牛田先生に出会えたからだと思います。

  本当にありがとうございました。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 (牛田より)

 非接触生活を実践し、肌がきれいになると、
 基礎化粧品やメイク用品をつける必要がなくなり、
 素肌で過ごせるようになります。

 すると、表情が明るくなる方が多く、
 服装までガラリと変わってしまう方、
 新しく趣味の活動を始める方もいらっしゃいます。

 『肌だけでなく人生そのものが変わった』
 とおっしゃる方も、少なくありません。





 ▼おわりに ~ 印象を決めるのは『表情』 ~


 今回は、ラーナーの方からいただいたメッセージをご紹介しました。
 白木さん、いかがでしたか?


 「実践者の方々のお顔を思い浮かべると......たしかに、
  表情が明るくなって、若返っていく方が多いですね」


 そうですね。
 じつは、顔の印象を最も左右しているのは、表情なのです。

 2017年、みなさんの表情が明るく輝く1年になりますように。
 本年もよろしくお願いいたします。




 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

【次のエントリー】
 →第541号 冬の疲れ?『身体のカサつき』の秘密

【前のエントリー】
 → 第539号 治まらないのはなぜ?『フケ』の秘密

このページのTOPへ