メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2014年09月09日配信

第426号 急なトラブル?『肌のバリア力』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014/09/09━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第426号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。


 今日の白木さん、
 なんだか浮かないお顔ですね?

 「急に肌がゴワゴワになって、
  ニキビもできてしまったんです。
  特に変わったことは何もしていないのに......」


 原因不明の急なトラブル。
 ご経験のある方も多いかもしれませんね。

 これは"肌のバリア力"が低下しているサインなんですよ。 


☆------------------------------------------------------------☆

             ── 急なトラブル? ──

               『肌のバリア力』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼いつもどおりの生活をしているはずなのに


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『肌の急変は年齢のせいでしょうか?』(50代・女性)
  --------------------------------------------------------

   きれいになりつつあるのに
   1ヶ月ぶりにクレンジングとシャンプーを使ったら
   翌朝、赤い湿疹が顔に増えていて
   やっぱりいけないんだと改めて感じました。

   肌にあう化粧品がみつからず、ずっと模索し
   ようやく35歳で問題なく使える化粧品に出会ったのですが、
   この半年で急にぶつぶつが出るようになってしまいました。

   年齢を重ねて、
   急に肌のバリア力が落ちてきたんでしょうか?

   現在では、私は基礎化粧品が使えない弱い肌なんだ、
   と自覚しています。

  
 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『湿疹が治らないのはホルモンのせい?』(女性)
  --------------------------------------------------------

   今年の3月から非接触生活を実践していますが、
   元々肌が敏感で、顔の湿疹が慢性化しているせいか
   なかなかすぐには結果が出ませんでした。

   そんな中、妊娠していることがわかり、
   すぐ妊娠悪粗になってしまい入院しまして(笑)

   その間お風呂に入ることもできず、
   顔も髪も週1回洗えたらいい方で、
   構う余裕などないのでほったらかしです。
   退院しても同じような状況でした。

   そしたら一時ですが、なぜか湿疹がすごく悪化してしまい、
   皮膚がずっと皮剥けしてカサカサ(泣)

   洗濯洗剤は指定のものを使っているし、
   ファンデも洗顔もしてないのになぜでしょう?

   今は通常通りお風呂に入っています。
   湿疹は少し落ち着いてきましたが、
   完全にはなくなっていません。

   この3ヶ月、ある意味究極の"何もつけない、しない生活"
   でしたが、それでも完治しないのは妊娠しているから?
   ホルモンの問題でしょうか?
  

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*






 ▼肌のバリア力が低下するとき


 「私の肌の不調も、
  年齢やホルモンバランスによるものなのかしら......?」


 いいえ。
 肌は年齢やホルモンの影響を受けません。

 急な肌トラブルが起きてしまうのは

  ◎肌のバリア力が低下している
  ◎一次刺激性物質に接触している

 という2つの条件が重なったときです。


 肌にはもともと
 "外界の刺激から体内を守る力(=バリア力)"が備わっていますが、
 その力は一定ではありません。

 バリア力が低下しているときに
 刺激のあるものに触れると、
 影響が現れやすくなってしまうのです。

 では、どんなときに肌のバリア力が低下してしまうのか。
 その状況をまとめてみました。



 -----------------------------------------------------------
  ◆1.体調の悪いとき◆
 -----------------------------------------------------------

   肌はホルモンの影響を受けない、と書きましたが
   妊娠と肌の状態にも、直接の関連はありません。

   ただ、入院するほど体調の悪いときは
   肌のバリア力が低下しています。

   そのため、触れるものが刺激になりやすくなるのです。

   とくに入院をすると、
   病院の寝具(柔軟剤が使用されている場合がある)や
   抗菌加工をしたものに触れる機会が増えるため、
   肌トラブルが起こりやすい状況になります。


 -----------------------------------------------------------
  ◆2.心身にストレスのかかっているとき◆
 -----------------------------------------------------------

   ・季節の変わり目で気温差が激しい
   ・生理前
   ・旅行や引越しで環境が変化する

   こんなときは、
   心身にストレスがかかりやすくなり
   肌のバリア力が低下します。

   このストレスは自覚しにくいため
   肌の状態が急変したように感じるのです。


 -----------------------------------------------------------
  ◆3.一次刺激性物質との接触が続いているとき◆
 -----------------------------------------------------------

   小さな接触を積み重ねると、肌が傷み
   バリア力が低下した状態になります。

   今まで問題なく使えていた化粧品で
   急に肌荒れしてしまったときは、

   ・環境の変化によって一次刺激性物質との接触の頻度が増えた
   ・複数の刺激が重なった

   などの原因が考えられます。
   肌の弱い人は避けたい状況ですね。

   最近は、あらゆるものに抗菌加工がされるようになってきました。
   肌の弱い人にとっては、急なトラブルが起こりやすく、また
   慢性化しやすい環境になっていると言えます。

 -----------------------------------------------------------







 ▼バリア力が低下しても、接触がなければ肌は荒れない


 肌のバリア力が低下するシチュエーションはいろいろありますが、
 体調が悪化していても、
 心身にストレスがかかっていても、
 一次刺激性物質との接触がなければ
 トラブルが出ることはありません。

 また、年齢を重ねているから......
 とあきらめている方もいらっしゃいますが、
 年齢とともにバリア力が弱ってしまうことはありません。

 どのような方も、
 急にトラブルが起きてしまったときは
 日常生活を振り返って、
 肌に触れているものをリストアップしてみましょう。

  ☆第352号 自分でできる?『接触物の見つけ方』の秘密(1)
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2013/03/352.php






 ▼おわりに ~ 肌だけでなく、心身もいたわって ~


 「牛田さん、肌のバリア力を維持するには、
  どうしたら良いのでしょうか?」


 (1)日ごろから肌を傷めないようにすること。
 (2)"運動・栄養・休養"をバランスよく!
 (3)ストレスや疲れをためないように心がけて
    しっかりと体調管理を。


 これから少しづつ秋が深まっていきますが、
 この3つに気をつけて、元気に
 季節の変わり目を乗り越えたいですね。



 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php


【次のエントリー】
 →第427号 いつ、どこで?『間接接触』の秘密(1)

【前のエントリー】
 →第425号 非接触生活で改善!『酒さの経過報告』の秘密

このページのTOPへ