メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2013年06月04日配信

第363号 メンタル?『ノーメイクに抵抗があるなら』の秘密(2)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013/06/04━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第363号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 肌トラブル改善の近道は、
 メイクをしないこと。

 しかし、
 メイクで肌トラブルを隠せないことに
 ストレスを感じてしまう方もいるようです。

 そこで前回は、
 ノーメイクで快適に過ごすテクニックをご紹介しました。

  ☆第362号 テクニック?『ノーメイクに抵抗があるなら』の秘密(1)
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2013/05/362.php


 今回は、メンタル面から
 ノーメイクについて考えたいと思います。

 先輩フェローのみなさんは、
 どのような気持ちで
 日々を過ごしているのでしょうか。



☆------------------------------------------------------------☆

              ── メンタル? ──

          『ノーメイクに抵抗があるなら』の秘密(2)

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼ノーメイクに抵抗があるなら:メンタル編


 前回ご紹介した
 「ノーメイクに抵抗があり、精神的に参っている」
 というお悩みに対して
 フェローのみなさんから寄せられた
 メンタル面のアドバイスをご紹介します。


 ┌────────────────────────────
 | 
 | ◎アドバイス:その1
 | 
 | 【周囲に夢を与えるくらいの気持ちで】(Fさん:40代・女性)
 |
 |----------------------------------------------------
 |
 | 
 | 私が考えるには、ノーメイクで過ごすということは
 | 生き方にもつながることだと思います。
 | 
 | 現代社会が、いかに人間という生き物にとって
 | 不自然な状況か、ということを
 | 考える機会にもなると思います。
 | 
 | 私は2年間測定モニターに参加して、
 | 直近の肌の状態に一喜一憂するのではなく
 | 年齢を重ねる毎に知識や経験が増え、
 | そして肌がきれいになっていくという状態に
 | 非常に喜びを感じております。
 | 
 | 若い時は多くは見た目でお互いに判断しがちです。
 | ですが、女性は30代以降からは中身が顔に出てきます。
 | 先になればなるほど、人間としての成長と
 | 肌の状態の改善に対して希望がもてるなんて
 | こんな嬉しいことはないと思います。
 | 
 | 私が33歳だった時から知っている、
 | 13歳年下の後輩の女性が言いました。
 | 「私を見ていると、年をとるのが怖くなくなる」と。
 | 
 | 是非とも、周囲の方に夢を与えるぐらいの気持ちで
 | ノーメイクにチャレンジしてみてください。
 | 年をとればとるほど、きれいになるなんて
 | 夢があると思いませんか?
 | 
 | 私はこのような気持ちで日々、チャレンジしております。
 | その為にも食事、睡眠、運動も心がけております。
 | 
 | 昨日、真っ赤なドレスを購入しました。
 | 親しいお店のマダムに
 | 「還暦にも着られるわね!」と言われました。
 | 
 | 今から15年後ですが、目標が出来ました。
 | "何もつけない"に出会って
 | 肌に自信が出てきたことも一因だと思います。
 | 
 └──────────────────────────── 


 ┌────────────────────────────
 | 
 | ◎アドバイス:その2
 | 
 | 【弱い肌=良い肌、と捉えてみては】(Yさん:30代・女性)
 |
 |----------------------------------------------------
 | 
 | 
 | 素敵なデザイン、魅かれるキャッチコピーの化粧品が
 | 次々と売り出され、それらのCMで見る
 | 女優さんやモデルさんの肌は本当に綺麗です。
 | 
 | 雑誌や広告、デパートの化粧品フロアでもそうですね。
 | 華やかで憧れます。
 | "ほんっとこうなりたいのよっ!"と叫んでしまいます。
 | 
 | しかし、実際のところそれらはプロの手により作られ
 | 修正もされていたりします。
 | 
 | 事実肌が強く綺麗な方々なのだとは思います。
 | 造作も肌質も違いはあるでしょう。
 | 
 | でも、化粧やライトを落とせば
 | みんな同じ人の肌を持つ人間です。
 | 悩みだって多かれ少なかれ誰だってあると思います。
 | 
 | そして、方法は違えど誰だって
 | "きれい"を目指して努力していると思います。
 | 
 | 化粧をしてもそれはあくまでも"化けている私"であり、
 | 根本的な部分で自信が増すことはなかったし、
 | 化粧を落としたあとの素肌が何より
 | ずっと気になり続けました。
 | 
 | 私は自分を認めたり愛してあげたりをしないようになり、
 | 肌に対しても否定ばかりしてきたように思います。
 | 
 | 何もつけない生活の今だって、やはり波はあり、
 | "もう私の肌やだ!"と泣きたくなることがあります。
 | 
 | でも、隠した綺麗はもうとっくに欲しくないんです。
 | 自分の本来の"素"の綺麗と元気、
 | 本来の健康が欲しいんです。
 | それが揺るがないようになるのが目標です。
 | 
 | 弱い肌は良い肌だと捉えてみてはどうでしょうか。
 | すぐに反応が出る。困る。
 | でもそれはちゃんと日々自分に伝えようと
 | してくれているんだなあ、って。
 | 
 | 自分の肌に何かが合ってないよ、何かがストレスだよ、
 | って信号を自分に送ってくれている。
 | 良い方向へ進もうとしている。
 | 
 | 正直それがなかなかできないから辛いのですが。
 | だからちょっとずつで。
 | ちょっとの進歩や改善を喜ぶうちに、
 | 誰より綺麗になってる! と信じて頑張るんです。
 | いま私はそうです。
 | 
 └────────────────────────────


 ┌────────────────────────────
 | 
 | ◎アドバイス:その3
 | 
 | 【お年寄りのお肌を参考に】(Sさん:40代・女性)
 |                       
 |----------------------------------------------------
 | 
 | 
 | 「アドバイス」というよりは
 | あくまでも個人的な仕事柄(介護職)の経験に基づく
 | 思うコト、ということで書かせて頂けたらと思います。
 | 
 | 「何もつけないお年寄り=肌のきれいな人の証拠♪」
 | 
 | 何も肌に塗らない方がよいのではないか。
 | この疑問を私が持つようになったきっかけの一つは、
 | たくさんのお年寄りの肌を見てきたことです。
 | 
 | 論より証拠、30代よりも綺麗な肌の70代なんて、
 | 実は沢山います。
 | 
 | 実際にみなさんも、お年寄りの肌を
 | 多く見て頂けたら......と切に思います。
 | 
 | そして、お手入れは何をしているのかを
 | 聞いてみて欲しいです
 | (出来れば70半ば以上。80歳を過ぎていれば最高です)。
 | 
 | 肌のきれいなお年寄りに伺うと、
 | ほとんどの方が化粧水も付けないという方でした。
 | いろいろな肌のお手入れなんて、
 | していないという方々でした。
 | 
 | どうしても、
 | 「日焼けをして年をとったらシミが増える!!」
 | という情報に洗脳されがちです。
 | 
 | が、年を取ったノーメイクの方はしみが少なく、
 | 肌が綺麗な方が多いと思います!
 | 
 | 毎日直射日光に当たっているのに、
 | なにもつけていない農家のお年寄りの肌に、
 | シミはないです。
 | 統計などを取っていないので証明できずに残念至極です。
 | 
 | もちろんお年寄りにしわは沢山ありますが、
 | 経験上、肌の赤みや毛穴が大きい、肌荒れ、
 | シミが沢山ある、吹き出物がある方は少ないです。
 | 
 └────────────────────────────


 ┌────────────────────────────
 | 
 | ◎アドバイス:その4
 | 
 | 【表情筋のトレーニングと考えて】(Wさん:30代・女性)
 |                       
 |----------------------------------------------------
 | 
 | 
 | 今日は、ある事に気づきました。
 | 買い物に出かけた先で、化粧をしている人を見ていたら、
 | 無表情な人が多かったんです。
 | 
 | メイクはしっかりなのに......。
 | 化粧が色々表現してくれるから、
 | 表情筋を使わなくなってしまうのかもしれません。
 | 
 | 自分の顔が疲れて見えるのも
 | 表情筋を使ってないからかもしれない。
 | 
 | そんなわけで、すっぴんの時は
 | 表情筋のトレーニング期間だと思うことにしました!
 | 
 | 肌が良くなるまで一緒にがんばりましょう!
 | 
 └────────────────────────────


 ┌────────────────────────────
 | 
 | ◎アドバイス:その5
 | 
 | 【目先のきれいよりも10年後の美肌を】(Tさん:20代・女性)
 |                       
 |----------------------------------------------------
 | 
 | 
 | 仕事の日も含めたほぼ毎日、
 | 肌には何もつけずに過ごしています。
 | 
 | まだきれいな肌にはほど遠いのですが、
 | それでも私がすっぴんで過ごす理由は、
 | 
 | ・メイクが皮膚生理を妨げることをよく理解したこと
 | ・その上で「一日も早くきれいになりたい!」
 |  という気持ちが強いこと
 | ・なにもつけない事が一番のアンチエイジングになる
 |  と考えていること
 | 
 | だと思います。
 | 
 | 始めの一ヶ月は人から心配されるほど
 | ニキビが酷かったのでとても辛かったのですが、
 | 二ヶ月をすぎた頃から大きなトラブルはなくなったので、
 | ノーメイクにあまり抵抗がなくなりました。
 | 
 | 始めたばかりの頃は、普段はメイクを我慢して
 | 特別な時はきちんとメイクしようと思っていたのですが、
 | 「皮膚生理を妨げて美肌から遠のいている」と思うようになり、
 | メイクが必要な時でもお粉をブラシで付けるだけになりました。
 | 
 | ノーメイクに抵抗を感じる方は、
 | 「目先のきれいを手に入れるよりも、
 |  10年後も美肌でいられる方がいい」
 | と考えるのはどうでしょうか。
 | 
 └────────────────────────────


 ┌────────────────────────────
 | 
 | ◎アドバイス:その6
 | 
 | 【ありのままの自分が美しく変わる】(Iさん:40代・女性)
 |                       
 |----------------------------------------------------
 | 
 | 
 | 髪の毛、肌に、悩みに悩んで、藁にもつかむ思い(笑)で、
 | 参加させていただいたので、スパッと
 | とにかく辞めることができたのだと思います。
 | 
 | ノーメイクを始めたばかりのころは、
 | 肌の状態は恐ろしくひどく、人に会うのも
 | 本当に恥ずかしい思いをしましたが、
 | どんどん、きれいになる自分の肌を実感するにつれ、
 | とてもまたお化粧をする気にはぜんぜんなりませんでした。
 | 
 | 私は海外在住で、お勧めの洗濯洗剤を購入するのが難しく
 | 使用することができなかったので、
 | きれいな肌になるのまで、少し時間がかかったと思います。
 | 
 | 日本で、8項目を守って生活することができれば、
 | あまり時間をかけずにきれいな肌を実感することが
 | 可能だと思います。
 | 
 | 乗り切るまで少しがんばれば、美しい肌を実感し、
 | 幸せな気分で生活することができると思います!!
 | 
 | もちろん、きれいにお化粧をしている人をみると、
 | うらやましいし、きれいだと思うし、私もお化粧すれば
 | もう少し美人に見てもらえるのに(笑)
 | なんて気にもなります。
 | 
 | だから、ノーメイクに対抗があるというのは、
 | 本当に本当に気持ちが良く分かります。
 | 
 | でも、私は肌が弱いのだということをよく分かっていますし、
 | お化粧すればまた毛穴の開いた、赤ら顔になるということも
 | よく分かっているので、とても
 | お化粧をする気にはならないのです。
 | 
 | もちろん、まだまだ私の肌も、
 | 透き通った美しい肌......というものには、
 | 遠い道のり~~という感じです。
 | 
 | でも、鏡をみて、ため息の出る......という、
 | そんな悲しい思いをすることはぜんぜんないですし、
 | 毛穴がどんどん閉じていき、白いきれいな肌を実感するたび、
 | 年齢はどんどん重ねていきますが、年齢を重ねるごとに
 | 私の肌はきれいになるという確信を持つので、
 | とても将来が楽しみです。
 | 
 | 肌が美しくないのを、
 | お化粧で隠して美しくした喜びより、
 | 私は、地味かもしれないけれど
 | ありのままの私が美しく変わっていくことのほうが、
 | 多くの喜びを感じることができていると思っています。
 | 
 | 牛田様をはじめ、スタッフの方々に、
 | いつも本当に感謝しています。
 | 
 └────────────────────────────






 ▼まとめ ~ 『本物の美しさ』とは? ~


 今回は、ノーメイクに抵抗のある方へのアドバイス、
 メンタル編をお届けしました。

 白木さん、
 いかがでしたか?


 「今回もまた、
  印象的なフレーズがたくさんありましたね!

  個人的には『弱い肌は良い肌』が
  心にじ~んと響きました......」


 ◆メイクで見せる"目先のきれい"よりも
  長期的な視点で"10年後のきれい"を!

 ◆年齢を重ねるごとに肌がきれいになっている。
  将来がますます楽しみ!

 というご報告もありましたね。


 実際に、測定フェローの中には
 "若返り"をした方が少なくありません。

 初めてお会いしてから3年、5年と経過しているのに
 写真を比較すると、現在のほうが若く見えるのです。

 肌がきれいになるにつれて
 表情や服装ががらりと変わる方も。

 ノーメイクに抵抗のある方は
 『本物の美しさ』を手に入れるためには
 どうしたらいいのか、考えてみてくださいね。

 楽しく、ポジティブに!


 アドバイスをお寄せくださったフェローのみなさん、
 本当にありがとうございました。

 ご紹介しきれなかったアドバイスは
 こちらのページ↓に掲載しています。

 ☆何もつけない皮膚科学
  [ノーメイクに抵抗があるなら:実践者からのアドバイス]
  http://hisesshoku-derm.com/contents/interactive/nomake.php




 ☆質問・疑問などがありましたら、
  お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php





【次のエントリー】
 →第364号 シャンプーする?『美容院へ行ったら』の秘密

【前のエントリー】
 →第362号 テクニック?『ノーメイクに抵抗があるなら』の秘密(1)

このページのTOPへ