メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2010年12月21日配信

第261号 口紅で?『唇の荒れ』の秘密(前編)

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサーの牛田専一郎です。


 早いもので、2010年も残りわずかとなりました。

 一年で一番ウキウキしている時期......のはずなのに、
 心なしか白木さんの表情が硬いような。


 「思いっきり笑うと、唇がパクッと割れて痛いんです(涙)」


 年の瀬は、そんなシーズンでもありましたね。

 「牛田プロジェクト」読者のみなさんから
 【唇の荒れ】の体験談と対策法をお寄せいただきましたので、
 唇の荒れにお悩みの方、
 そして白木さんもぜひ、ご参考にしてくださいね。

☆------------------------------------------------------------☆

              ── 口紅で? ──
  
           『唇の荒れ』の秘密(前編)

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼体験談・募集のきっかけ


 牛田プロジェクトでは、11月に
 先週お話しした「髪の毛」による接触とともに
 「唇の荒れ」の体験談を募集しました。

 http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2010/11/237.html


 体験談募集のきっかけは2つありました。

 1つ目は、
 測定モニター・Tさんの事例。

 測定を始めて3年になるTさんは、
 夏から続く唇と瞼の炎症にお悩みでした。

 接触しているものを一つひとつ検討したところ
 どうやら原因は"ワセリンの上につけている口紅"
 ではないか、ということに。


 そして2つ目のきっかけは、
 9月にいただいた、ある読者からのメールでした。

  ┌────────────────────────────
  |◇【唇がひどく荒れています】
  | 
  | 以前ほどではないですが、唇の荒れがまだまだ酷いので、
  | 唇だけはワセリンを使用しています。
  | 
  | 一度やめてみたこともあるのですが、
  | あまりに酷くてやめられませんでした。
  | 何か良い方法をご存じの方はいらっしゃらないでしょうか?
  | 
  |                     (40代・女性)
  └────────────────────────────

 唇の荒れは体調の影響が大きいこと、
 口紅や歯磨き粉など接触物の影響も考えられることを
 お返事のメールに書きました。


 そして11月。
 こんなご報告をいただきました。

  ┌────────────────────────────
  |◇【口紅で荒れることが分かりました】
  | 
  | 肌荒れをおこしやすい季節ですが、おかげさまで
  | たいしたトラブルもなく過ごしています。
  | 
  | 以前に相談させていただいた唇にも、
  | ASVCを塗り始めてしばらく経ちますが、
  | 以前より少しは剥けにくくなったように思います。
  | 
  | おっしゃった通り、口紅のひとつを使うたびに
  | ひどく荒れることに気付いて止めました。
  | 
  | 今は比較的マシなものを使っていますが、
  | なかなか安心できるものがありません。
  |
  └────────────────────────────


 この2つの事例を通じて、牛田は
 唇の荒れに悩む方は思った以上に多いのではないか?
 口紅による接触を自覚している方は少ないのではないか?
 と感じました。

 そして体験談を募ることとなったのでした。






 ▼どんなときに唇が荒れる?


 唇が荒れる原因として
 次の2つが考えられるようです。



 [◆原因・その1 ――身体の冷え]

  ┌────────────────────────────
  |◇【冷えると荒れます】
  | 
  | 冷え性だと唇が荒れるみたいです。
  | 基本的な食事、運動、睡眠に加えて、防寒対策で
  | 靴下やスパッツのかさねばき、温かい飲み物、
  | レッグウォーマー、湯たんぽ、半身浴などを行っています。
  | 
  |                     (20代・女性)
  └────────────────────────────

 唇の荒れは、体調によるものが多いことは
 こちらでお話したことがありました。

 ☆第134号 塗っても塗っても...『唇のカサつき』の秘密
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2008/02/134.php


 寒いのを我慢したり、体調を崩したりすると
 唇が荒れることは経験的にご存知かと思います。

 体調によるものであれば
 体調が良くなるとともにカサつきも治まるのですが、
 長期間唇の荒れに悩む方も少なくありません。

 その原因として考えられるのが、次のケースです。



 [◆原因・その2 ――リップクリームや口紅の影響]

  ┌────────────────────────────
  |◇【色、メーカーを問わず荒れてしまいます】
  | 
  | 私ごとですが、口紅はここ数年つけていません。
  | 何故なら、色もメーカーも関係なく唇が荒れるからです。
  | 
  | でも、年齢で寂しく見えるから
  | つけた方がいいとよく友人に言われますが、
  | とりあえず、バックナンバーに載っていた
  | ワセリンを購入しようと思います!!
  | 
  | そして、唇に優しい口紅の早期開発→製品化。
  | 期待しています!!
  |                     (50代・女性)
  └────────────────────────────

  ┌────────────────────────────
  |◇【荒れてしまうのが普通かと思っていました】
  | 
  | 口紅による荒れ、今は無いですがかつては経験があります。
  | 気に入ると、同じメーカーの商品を長く使い続けるので
  | 気付かなかったということがありました。
  | 
  | 他のメーカーの商品を試さないと、
  | 唇の状態の比較ができないので
  | 「そういうもんだ」と思いこんでしまう事に繋がります。
  | 
  | 私自身、○○○○を使っていた時は
  | 午後になると皮がめくれる状態になっていましたが、
  | それは乾燥のせいだと漠然と思っていました。
  | 
  | それが、他社の製品を使ってみて初めて
  | 「荒れてない!!!」となったんです(笑)。
  | 私のような人もそれなりの数が居るのではないかと思います。
  | 
  | 現在は○○○の製品を専ら使っていますが、全く荒れません。
  | ただ、最近、唇の状態で気になっていることは
  | 素の状態の色がくすんできたかもしれないということですね。
  | 
  | 年齢のせいかもしれませんし一概には言えないですが、
  | 少なくとも週に5日は使い続けていますから、
  | 与える影響も大きいような気がしています。
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────

 口紅を使うことで、
 唇の皮が剥けたり
 色がくすんできたり......。

 自覚している方は少ないようですが、
 口紅やリップクリームを使うことによって
 唇にトラブルを起こしている事例が多くあります。






 ▼口紅による荒れを防ぐには


 続いて、口紅を使うと荒れてしまうというみなさんから
 寄せられたアイディアをご紹介いたします。


 [◆その1 ――界面活性剤不使用の口紅を使う]

  ┌────────────────────────────
  |◇【口紅も、歯磨きも、界面活性剤不使用のものを】
  | 
  | 以前、顔の炎症のとき、唇も一緒に炎症状態にありました。
  | それで、「なにもつけない」を徹底して、
  | やっと唇も治ってきました。
  | 
  | 歯磨きも、界面活性剤の入っていないものに変えました。
  | 
  | 食事の時炎症時は、唇についた油や
  | ドレッシングなどがしみたりしましたので、
  | 濡らしたガーゼなどで拭きながら食事しました。
  | 今は食事後、必ずお口まわりを水で洗うか拭いています。
  | 
  | (レストランなどで出されるナイロン袋に入ったお手拭き
  |  には抗菌剤が入っているのでしょうか?
  |  それで手を拭くと、指先などガサガサになりますので、
  |  使わないようにしています)
  | 
  | 口紅も、界面活性剤や合成着色や保存料など
  | 使用していないものを購入して、
  | なるべく指示された使用期間で、
  | つける時もお湯で洗い流せる程度にしています。
  | 
  |                     (50代・女性)
  └────────────────────────────


 [◆その2 ――入浴時に手ぬぐいで拭う]

  ┌────────────────────────────
  |◇【手ぬぐいで唇を拭っています】
  | 
  | 私も、たまに唇が荒れてしまいますが
  | 出掛けるときはリップクリーム位はつけないと......
  | と思い、つけています。
  | 
  | 唇が荒れてしまったときは、
  | お風呂に入った際に手拭いを湯船に浸して温めた後、
  | 唇を手拭いて拭っています。
  | 
  | 手拭いは、普通のタオルと違って結構強く
  | 拭っても痛くならないので
  | 荒れたときは数回、唇を拭っています。
  | 
  | それを何日か続けていると
  | あっという間に荒れがなくなります。
  | 
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────


 [◆その3 ――ワセリンでパックをする]

  ┌────────────────────────────
  |◇【ワセリンを塗り、ラップしてマスクを】
  | 
  | リップクリーム依存症でしたが、
  | 「なにもつけない」を始めてから、
  | 慣れてくると調子が良かったのですが、
  | ハードな仕事の為か、寒くなってきたストレスか、
  | 生理前のせいか、唇が荒れてきました。
  | 
  | ワセリンを塗っても落ち着かないので、
  | 指からの二次接触が原因かと思い、
  | リップブラシを使用しましたが改善しませんでした。
  | 
  | そしてばりばりに皮がむけて、
  | さらに割れて出血し、ひどい状態でした。
  | 
  | ひどくしみたのですが、唇にASVCを使ったりと
  | 試行錯誤しても全く良くならず困っていました。
  | 
  | 「入浴後は、なにもつけないで就寝すること」を
  | 守っていましたが、ふと「湿潤療法」を思い出し、
  | ホットタオルを当て、ばりばりの唇が柔らかくなった状態で
  | ワセリンをたっぷり塗り、ラップしてマスクをして就寝しました。
  | 翌朝少し良くなっていたので、2~3日続けると復活しました。
  | 
  | 正しい方法だったのか分かりませんが、
  | 参考になればと報告させて頂きました。
  | 
  | 余談ですが、普段、口紅は使わないのですが、
  | 必要な場合は、ワセリンにミネラルチークを混ぜて
  | 唇に塗っています。濃さも調節できるし、
  | グロス風で結構気に入っています。
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────



 白木さん、「へー!」や「ふーん!」を連発していましたね。


 「みなさんの工夫にひたすら感服です......。
  ワセリンでパックをすることもできるんですね~!」


 ワセリンの活用法、実はまだまだあるんですよ。
 続きはまた次号でご紹介します。

 どうぞお楽しみに!




 ☆牛田への感想・コメントなどがありましたら、
  お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html





 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
            ☆編集後記☆
  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



  ☆編集後記☆は独自配信のみでお届けしております。

 編集後記には、本編でお知らせできなかった情報を
 掲載しています。
 
 お読みいただくには、下記のフォームから
 メールアドレス等のご登録をお願いいたします。
 https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=himituco



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



 「秘密の化粧品」の読者のみなさんと続けている
 「牛田プロジェクト」は→< http://hisesshoku-ryouhou.com/ >

 メルマガ「牛田プロジェクト」先週のパスワードは? 

 新社名「サウンドコスメ」のサウンド(sound)には「健全な」
 という意味があります。そこで「健全」の単語3点セット。

 (フランス語)(スペイン語)(ドイツ語)

 ※応募フォームとパスワードの詳細は
  メルマガ「牛田プロジェクト」でお知らせしています。
  「秘密の化粧品」とは別に登録が必要になりますので、
  ご注意くださいませ。

 メルマガ「牛田プロジェクト」のご登録は
 こちらから→< https://marketstyles.co.jp/mm/ >

 次号の「牛田プロジェクト」は12月24日配信予定。

【次のエントリー】
 →第262号 ワセリンを活用!『唇の荒れ』の秘密(後編)

【前のエントリー】
 →第260号 「髪」が仲介役に?『髪の毛による間接接触』の秘密

このページのTOPへ